Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.08.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

その他

ひっひっひっ


CDを三点取りおきしました。

ついこの間発売されたばかりのCDが、オンラインではすでにおとり寄せやら取り扱い終了となっておりまして…驚きました。
焦って電話かけたら無事確保できましたが。よかったー。。

あ、なんのCDかは秘密す。
一枚はオムニバスですが、残り二枚は話題の新譜です。さあなんでしょう。

来月こそはもっと更新したい。
今月はもう無理だ。。うう。
  • 2010.05.30 Sunday
  • 10:18

邦楽

BRAHMAN/EGO-WRAPPIN'を聴いた

といっても、CDはまだ。
絶対買いますけどね。笑

私のなかでは早くも、今年これ越える作品は出てこない、と思ってしまっております。笑
個性と個性がぶつかるのではなく、合体してより大きな個性となって現れています。大傑作。

邦楽なんて終わってるという輩がいるとしたら、お前が終わっとるわ!といいながらこのCDを顔面に突きつけてやりたい。ずっとCD化を熱望してきた私のかなり高い期待をも上回る楽曲でした。!

また買ったら書きます。

騙されたと思って一聴してくださいな!後悔はさせない。
  • 2010.05.20 Thursday
  • 14:46

-

いやはや…

なかなか更新せず…見捨てられている可能性が。爆。相変わらず申し訳ないです。

取り扱いたい記事は沢山あります。
スウィングジャーナルの休刊、ゴシップ的なくくりでいくと成海璃子ちゃんのパンク趣味(てかあれはパンク…かあ…)等々。

CDも6枚ほど買いました。買ったことで判明したこともありましたし。
買ったアーティストをリストアップしておきます。何を買ったのかはまた後日。ふはは。←

・ゆらゆら帝国
・THE YELLOW MONKEY
・ガガガSP
・THE BAWDIES
・JUDE

イエモンとガガガSPは正直買う予定なかったのですがね。笑

洋楽のCDも欲しかったなあ。
一昔前のエルプレジデンテとか。昔興味をもっていたのですが買い損ねてます。確か良かったんです。←
  • 2010.05.19 Wednesday
  • 07:47

-

更新お休みします。


ゴールデンウィークは更新して巻き返しを図る予定でしたが、学校の課題に見舞われゴールデンウィークがすべて埋まってしまいました。なんてこった…憂鬱…爆

普段の課題もあるためしばらく更新できそうもありません。。
五月中旬以降にまた更新します。
  • 2010.04.28 Wednesday
  • 19:05

ニュース

Pizza Of Death Recordsの通信販売に関して

JUGEMテーマ:音楽

更新だいぶ滞りまして。。。すみませんでした。。。
GW終わりまでは安泰であるため、更新頻度を増やして巻き返しを図りたいと思います!

それでは本編。



Pizza Of Death Records、送料&手数料を無料でCD&DVD通販をスタート
(注:リンク先はPC専用である可能性があります。あしからず…)

日本のCDは、基本的に高い(もちろん、例外もある)。
以前、DefTechはそれを考慮してアルバムを1000円で売り出すことにしたそうだ。
米国出身のShenがそう語っていたのだから、
少なくとも米国より高い価格帯でCDが売られている、ということが分かる。

送料・手数料がCD一枚分の料金であることも珍しくない。
関東圏に住んでいても『高い』と感じることがあるが、
それにも関わらず、離島など遠方に住む方々に関しては別途料金が発生してしまう。
(運送関係上の都合があってのことだから、仕方が無いといえばそうなのかもしれないが。)

人々が通販を利用する理由としては
・近隣に店舗があるものの、買いに行く時間が無いから
・近隣に店舗がないから
・店舗に行くことなく、自宅で気軽に買うことができるから

等のいづれかが挙げられるだろう。

送料・手数料が高いと、購入が難しくなる可能性があるとともに、
気軽には買えなくなる可能性も十分にある。
つまり購入をためらう人が出てくる可能性がある、ということだ。
それは通販の利点を損ないかねない、ともいえよう。

タワレコ・amazon等では、一定期間のあいだに
一定価格以上購入すると送料・手数料を無料にしている。
しかしながらPizza Of Death Recordsのように期間を設けない例は
音楽業界において見たことがない。

送料手数料を無料にすることは、より気軽に商品を手に取ることができ、
結果として通販に関する壁をなくすことに繋がるのではないか。



なんだか今日は主観ばかりの文章になってしまった。。反省。。爆


因みにPizza Of Deathの通販はこちらから。
  • 2010.04.26 Monday
  • 23:48

-

記事ネタだけ先にアップ。 え



・pizza of death の通販について
・ボウディーズ

については今のところ書こうと思っています。というか、書く。

ものすごく勢いがあって脚光を浴びている9mm、 ボウディーズ等の邦楽ロック方面、
ほかにもJ-POP路線のアーティストとかも取り上げていきたいなー、とは思っているものの、
最近なんせ自分、ゆら帝万歳!村八分万歳!the sonics万歳ーー!
…みたいなありさまなので今後の記事がどうなるかは自分でも分かりません。 爆

とにもかくにもそろそろいい加減更新します。。。。
少なくとも3日以内に記事アップします宣言!できたら今夜にでも!←


みて下さっている数少ないみなさん、できたらポイしないでください。

それでは。







  • 2010.04.24 Saturday
  • 15:28

ニュース

フジファブリック、7月末にニューアルバムリリース決定

フジファブリック、7月末にニューアルバムリリース決定 [JUGEMニュース]


JUGEMテーマ:音楽

もういえることなんてこれだけしかない。
とにかく、頑張って欲しい。 
  • 2010.04.14 Wednesday
  • 18:07

邦楽

Orkonpood / 小林太郎

Driftwood Record
¥ 1,500
(2010-04-14)


JUGEMテーマ:音楽 
レヴューはだいぶお休み頂きまして。。ひさびさに書きます。



今年ソロデビューした小林太郎のメジャーデビューミニアルバム(リンクは全国盤)。

タワレコ先行盤はもはや入手困難になりつつあるそうですが、
今月14日、新たにボーナストラックが収録された全国盤が発売となります。
先行盤の素晴らしさをお伝えすることを通して勝手に全国盤の宣伝をしたいと思います。笑


小林太郎のなにが凄いか。なにが他と違うのか。
それはすばり、声色の幅広さと表現力だ。
曲によって、その表情がガラッと変わる。おもしろいほど変わる。

1は声が太く、ザラザラとした舌触り。
生で聴きたくなるほど、濃厚な仕上がりである。

2は、もう、、巧みだなあ(笑)。1、2の流れは、ボクシングに例えるとするならば、
アッパーを数十発かますぐらいの攻撃力を備えている。笑
いやー、余計ライヴに行きたくなる。これは。

3は声の伸びがとても気持ちよい。4は情報量の多さに驚かされる。

5は1に通じるものがある。
はき捨てるように歌うさまは、へヴィーなんて言葉ではもの足りないほどだが、
逆に歌詞から考えてみると、想像のつかない楽曲となっている。
そんなギャップを掛け合わせたところに、彼特有のよさがギッシリと詰まっている。

5の次に6を持ってくるのはさすがとしかいいようがない。
こういった『前向き』と捉えられる楽曲のなかにも、
1や5のようなダークな一面が顔を覗かせるのだから、魅力を感じないわけがない。

曲順においても満足できるアルバムとなっている。

7は、ボリュームをヘッドフォンいっぱいに上げて、とにかくその世界観に聴き入ってほしい。
1とはまた異なる一面を覗くことができる。

カラオケがこれだけ浸透している現在、単に歌がうまい人ならプロアマ問わず沢山いる。
しかしながら彼のように、表現力を備えており、
なおかつ胸にグッとくるなにかを持つアーティストというのはごくごく少数だ。
19歳にしてこの成熟度とは、、いやー、本当に恐ろしい。 笑

大人にもなりきれないが、もう子供でもない、この年齢だからこそできた一枚といえましょう。

彼はすでに、キャリアを積んだひと掴みの人にしか出せない味を持っている。
しかしながら、まだまだ可能性を秘めているし、可能性に満ちている。
いやー今後がますます楽しみ。笑



いやーまさかまだ地元のタワレコに売っていたとは。
全国盤のリリースを知ってから、半ば諦めていたわ。笑

あ、ケミカルブラザーズはまた後日。爆
  • 2010.04.10 Saturday
  • 20:12

写真展

SOUND SHOOTERvol.5 PHOTO EXHIBITION


JUGEMテーマ:音楽

プライベートな文章になってしまうことをお許しくださいませ… 爆


今日は、それはもう錚々たる数々のバンド(ex. ELLEGARDEN,ストレイテナー...)を撮影していらっしゃるフリーカメラマン、橋本塁さんの写真展@渋谷Gallery LE DECOに行って参りました。!
私の通う大学が近すぎてびっくり、とかいうと大学ばれる!うは!ぐほ!(未だ覚めやらぬ興奮)

足を踏み入れるとそこには、それはそれはもうムーディーな異空間が一面に広がる!
キャンドルが灯され、バンドの音楽がシャッフルで次々と掛けられるなか、
椅子に座りながら写真を眺めることの出来る珠玉の環境。ああこの上ない幸せ!
都会のど真ん中に居ながらゆったりとした心地のよい時間の流れを感じることができ、
それはビルの一角であるということを忘れさせてしまうほど。
まるで家に帰ったときのような安心感と安らぎを得ることができる。
写真展の概念が完全に覆された。

…そんな堅苦しい話はいらないよねみなさん!
ということでぱちりと撮った会場の写真をどうぞー!

入り口はこんな雰囲気でございます!


(撮影:Kaoru氏)


4,5階もそれぞれ入場口がドット仕様!笑
ハイエイタス、スピッツ、GLAY、チャットモンチーあっこちゃん(笑)などなど、
色とりどりのお花が会場に華を添えておりました。




中はもちろん撮影禁止だったため写真はお見せできませんが、
やはりアングルやらタイミングやら、すべてにおいて絶妙。!
みんな写真のなかで生き生きしている。今にも動き出しそうな臨場感。

そうそう。バンドのライブ写真以外にも、海外の風景画、人物画なども展示されておりました。
なんか現代はさあ、世知辛い世の中だったり、世界情勢だったりするけど、
ふと力の抜けた、素敵な時間が流れているところもあるんだと気づかされましたね。
何においても、芸術には生が宿っていて、そこには生きる源が隠されているのだ。たぶん。


ここからは以下、私情を挟みつつお届けいたします。爆

平日の昼間〜夕方だったということもあり、塁さんと思った以上に、何度もお話させて頂けました。
普通にいらっしゃって、友人にも私にも丁寧に話しかけに来て下さって吹いてしまったww 
サインやら握手やらしていただいたあとも、あまりに居心地がよいため数時間居座る始末。笑
写真撮って貰えるかなあ、どうなのかなあと友人とおどおどしていたところ、
『なんだよー、いってみろよー』って袖引っ張られたwwなんてフレンドリーな方なんだww
私は残念な性格のため完全にイジられキャラと化してしまいましたが
友人は物販において値段の記載違いを指摘するほどの冷静さで
塁さんとふつうに語っておりました。 す げ え ! な ぜ だ ! 笑
 
写真に握手にサインまでして頂き、塁さんの優しさをひしひしと感じる。
サービス精神旺盛だからこそ、カメラマンとしての地位を確立しているのだ。
芸術作品にはやはり、人となりが反映されるのである。b

まあこれ以上多くは語りません。思い出として心のポケットにしまっておきます。笑

以下、お土産品。



物販にてPHOTOTシャツを購入。名前のとおり塁さんのフォトがTシャツになっている。おされ。!
ちなみにショップバックもドット。さすがは塁さん、ドットの代名詞。笑

そうそう、写真展において展示されている写真は写真集に収められておりますよ!
とてつもなく素敵な作品ですのでご一読をお勧めいたしますぜ!
いまは写真展で先行発売されとりますが、
後日タワレコなんかでも発売されるそうです。ドット柄の表紙が目印!w

詳しくは塁さんのHPをちぇきら!(PC専用)
http://www.ruihashimoto.com/

携帯からは、ツイッターで検索!
http://twitter.com/RuiHashimoto
  • 2010.04.07 Wednesday
  • 00:09

その他

すみません!爆

相変わらず不定期更新で申し訳ないです…爆

今日は気になるCDを羅列。
購入次第随時書いていきます。

・いばらのみち/椿屋四重奏
・HOT DOG/THE BAWDIES
・THERE’S NO TURNING BACK/THE BAWDIES
・空洞です/ゆらゆら帝国
・テキーラ!テキーラ!the BEST/髭(HiGE)
・Hello! We are 8OTTO!-LIVE TOUR 2008-/8otto
・ツナミ・アタック・オブ・ザ・ジャパニーズ・ガレージ・ロックンロールVol:1 20イヤーズ・ヒストリー・オブ・ガレージ・ショウケース"バック・フロム・ザ・グレイブ"/Various Artists
・Congratulations/MGMT
・encore〜Jazz Standard〜/秋元順子


あとは、洋楽を勉強するために洋楽専門誌を買おうと思います。
  • 2010.04.05 Monday
  • 14:28