Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.08.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

邦楽

green chord/ACIDMAN

EMIミュージック・ジャパン
¥ 410
(2007-02-07)
【ディスク1】
  1. green chord(introduction)
  2. Returning
  3. Ride the wave
  4. スロウレイン
  5. REAL DISTANCE
  6. So Far
  7. プリズムの夜
  8. AM2:00(inst.)
  9. Dawn Chorus(inst.)
  10. 千年歩行
  11. 懸命の銘
  12. calm
  13. toward

JUGEMテーマ:音楽


相変わらずご無沙汰しております。
もはや、このスローペースで更新していこうかな。(諦め)

本格的にACIDMANを聴き始めたのは、恥ずかしながら今日が初めてです。
今日の今日まで『赤橙』しか聴いておりませんでした。

なのでもうありのままを打ちました。さきにあらかじめお詫び申し上げます。沈
それでは本編。



車の窓から江ノ島が見える。その年初めて海水に足を浸したあの瞬間。
プールすら行ってなかったから楽しかったなあ、あのとき。

伊豆に行って、シュノーケルで水中へ潜った。
鮮やかな、色とりどりの魚が目の前を泳いでいく。
NHKでよく見る光景だなあ、と思った。

夜、テントを張って、テントの天井から星空を眺めながら眠りにつく。
プラネタリウムみたいだった。

足を浸すのも、潜るのも、星空を見るのもすべて自然と触れ合っているはずなのに、
人工物と比べている自分がいる。

何を見て感じたとしても、限られた「言葉」のなかでしか表現できない。そこには限界がある。
でも言葉以外にも手段はある。例えば、音楽。
でも音楽だってほとんどは限られた音のなかでみんな奏でられている。
そう考えると音に言葉を乗せることは、いま、最も無敵な表現方法なのかもしれない。。


上記すべてを考えさせてくれたのがこのアルバムである。


歌詞カードの背面に海の写真があるのは果たして偶然だろうか。
ディレイが随所に使われているが、それに切り込みを入れるように激しい曲展開を盛り込んでいる。
それはまるで自然と人工物の対比のようだ。


『嗚呼 忘れぬように この空継ぐ意味を 
 この美しさを守る強さを』(「calm」)

『最小の日々に最上の意味を』(「REAL DISTANCE」)




ウイスパーボイスのような声のなかにも力強さを漂わせることが出来るのは男性ならではですね。。

朝、夕、夜、そしてまた朝を迎える生活感が感じ取れます。素敵なアルバムだ…。
  • 2010.10.21 Thursday
  • 17:52

邦楽

クレイジーケンバンド/Mint Condition

ユニバーサル・シグマ
¥ 2,500

JUGEMテーマ:音楽
 
私事ですが、ツイッターでつぶやきだしてしまいました。
アカウントをお持ちの方は、よろしければ、
私にフォローという名の救いの手を差し伸べてやってください。笑

reiのツイッターはこちらから


それでは本編。



 円高還元?
CD不況?関係ない。社会状況がどうであれ、CKBは“20曲以上で三千円”という太っ腹なアルバムをコンスタントにリリースし続けているのだ。

先行発売された楽曲をアレンジした「1107」からこのアルバムの幕は上がる。

「自分がお客の立場で、シングル持ってるのにシングルと全く同じ曲がアルバムにまんま入ってたりすると凄く頭に来るので、カップリングはシングル特権にするとか、シングルはヴァージョン違いじゃないと納得できないのでこのようにアルバム仕様にしてます。」と横山剣(ボーカル)は述べている。

聞き手の立場にたった活動は、今に始まった話ではない。例えば、彼らは地元・神奈川に密着した曲を今なお作り続けている。実際、今回も「ヨコスカン・ミラクル」という曲が収録されている。“MADE IN YOKOHAMA”というジャケットの文字からも、愛郷心が伺える。

eye catch –from editor-」や「Merry Christmas 4-093」は、既に発表した楽曲をアレンジした作品である。曲を完成させてもなお、鮮度を上げていこうとする姿勢には脱帽である。

そんななか、世界に目を向けた楽曲の多さはこのアルバムの特徴ともいえる。カバー曲『無条件』は韓国の歌だ。ベースはそのままに、キメキメのリフが散りばめられた昭和歌謡になっている。男臭さを漂わす、“熱い”楽曲である。そういえば、夏に先行発売された楽曲「1107」にはこんな歌詞がある。

「大変な世の中で縮こまらないで ギラギラしたいぜ」

ポップスにのせて戦争反対を歌う「Revolution Pop」、次にワンガリ・マータイさんを彷彿とさせる『MOTTAINAI』を聴かせるあたり、曲順も練られている。「娯楽としての音楽」を念頭におきながらも、世界的な事象を歌い聴かせるところに彼らの手腕を感じる。

初心を忘れず、世界に目を向ける彼らに、わたしは『イイネ!』と言いたい。

  • 2010.09.20 Monday
  • 11:54

その他

お詫びと近況

完全放置以外の何者でもありませんね。すみません。爆

次回はクレイジーケンバンドの新譜について書こうと思ってます。夏休みの課題もかねて。

あと、EGO-WRAPPIN'とTHE BAWDIESの新譜、THE TELEPHONESのWeloveTELTシャツ(笑)を近いうちに購入予定。

最近、オムニバスアルバムにはまっております。『ツナミアタック』という、昔懐かしさを覚えずにはいられないガレージロックを集めたアルバムシリーズが今の気分です。一刻も早く買い揃えたい。50回転ズ、ギターウルフ、the5678s、thee 50's high teensなどなど…もう書いてるだけでよだれがでるメンツがた(笑)。私はまだvol.1しか持っていませんがvol.3まであります。とりあえずガレージロック好きは黙ってレジへ持って行くべき。笑

あとはappleCMのオムニバスが買えたら今月は満腹ですが金銭的に厳しいかな。。iPodのCM音楽を好むリスナーは私だけではないはず。MIKAをはやくiPodに入れたいよ!叫

先日SONYCMのオムニバスを買ったのですがこれまたよいんです。appleのオムニバスよりもメンツてきに年輩の方向けなイメージがあるけれど、oasisのwhateverとかは若い方も聴く方が多いかと思われます。10ccとかたまりません。BillyJoelでシメるあたりがニクいぜ。。まあこれもそのうち書けたら書きたいな…。沈

appleとSONYはウォークマン二強会社だけあってさすがにアルバムも洒落てます。うん。

それではまた。
更新不定期ですし、いつも嘘つきですみません。沈
  • 2010.09.07 Tuesday
  • 00:30

邦楽

スネオヘアー/ロデオ

¥ 100
(2009-09-16)
【ディスク1】
  1. ロデオ
  2. エスプレ
  3. ホームタウン


JUGEMテーマ:音楽
 
相変わらずの約束破りっぷりですが、徐々に挽回していきたいところです。。
さて、最近なにかと話題のスネオヘアーを初めて聴いてみたの巻、スタート。



甲子園。高校球児が放つ、どストレート。
変化球を使わずに直球で勝負をかけることは、簡単なようで難しい。
自分に正直に生きることが容易いことではないように。

スネオヘアーの楽曲は、
逃げも隠れもしない、率直な歌詞とサウンドで出来ている。

”逃げ道を整備して 叫ぶ  
 当たり障りない声 消えろ!
 甘すぎるナンバーは いらない! 
 辛すぎるナンバーは きかない!”(『ロデオ』)

まるで、直球で勝負することを叫んでいるかのようだ。

ビーチボーイズを彷彿とさせる、
『夏メロ』『懐メロ』の雰囲気をもったイントロで始まる『エスプレ』。
まさに ”ぬくもりの中にあって 包まれる” 楽曲。

『ホームタウン』は、過去を回想するストーリー仕立ての作品。

”何にもないこの町を出て 手に入れたものって何だろう
 僕たちはまだ変わらず今も いられているかな”

3曲ともそうだが、人間の繊細な感情を見事に反映している。

高校球児がどう投球するかを悩んでいたりするように、
私たちもまっすぐ生きるかどうか悩んでいたりもする。

生きることに悩んだとき、
このCDのなかになにか答えが見出せるかもしれない。
  • 2010.08.14 Saturday
  • 00:56

その他

あ〜夏休み〜

JUGEMテーマ:日記・一般

いやー、ペプシのCM最高ですよね。(唐突)
クロマニヨンズのカバーはイカしてますね(死語)。クロマニヨンズにぴったりだ。
Perfumeがカバーしている曲はカーディガンズですしねえ。
カーディガンズは以前紹介しましたけれども(ここをクリック)。
あれは現代風アレンジになっていて、これはこれでまたすてき。

そういえば、一時期キムタク月9のCMにJukebox(こちら)も使われとりました。
CMタイアップも音楽の宝庫ですからねえ。要チェックですぜ。



さてさて、やっっと夏休みに突入したので、週に記事三本アップを目標に生活したいと思います。
できるだけ、ほぼ毎日更新を目指したい。バイトもあるからなかなか難しいですが…
でもそれは言い訳ですね。今度こそは有言実行!へい!

因みに今月買ったCD、借りたり頂いたCDを羅列。

・レキシ  「レキシ」
・髭(HiGE) 「夢でさよなら」
・マイケルジャクソン/ ジャクソン5 コンパクト・ベスト
・サカナクション 「kikUUiki」「シンシロ」「NIGHT FISHING」        
・the HIATUS 「ANOMALY」
・銀杏BOYZ 「あいどんわなだい」
・PUFFY 「日和姫」
・BEAT CRUSADERS 「DAY AFTER DAY/SOLITAIRE」
・lego big morl 「Tuesday and Thursday」
・THE RODEO CARBURETTOR 「 meaningful/Precious EP」
・THE HIGH-LOWS 「青春」

新譜はかなり少ないですけども。 そろそろ探りいれなければ…!!
とりあえず『レキシ』が大好きなのでレキシから書くかもしれません。
新譜出さないのかなあ。
ハイエイタスもやばいですね。ライブ行ってから価値観変えられました。

あ、そういえばライブレポかいてない…!!
これも書きたいところです。記憶を頼りに。

  • 2010.07.31 Saturday
  • 21:41

ニュース

タワレコがネットで店頭予約を受付開始、か?

…寝耳に水というよりも寧ろ水バケツをひっくり返されたような衝撃でしたが、、私だけですか?こんな機能があったことに気がついていなかったのは私だけですか?今までもありましたか?つい最近の話ではなくて?えっ?へっ?←

まあそれはともかくと致しまして、タワレコ携帯サイトから、店頭予約やお取り置きが出来るようになったみたいです。ただし、在庫状況はリアルタイムで更新されているわけではないようです。要するに、『在庫あり』と書かれていても品切れの可能性がある、ということ。
こんなサービス使わない手はない!と思い、その場の勢いで買うか分からないCDを一枚取り置き依頼してしまいました(いや、買うつもりですが。。ははは。。笑)。受け取り店舗も選べますし、一応在庫状況も見れますし、いやー便利な世の中になりましたね。『在庫状況:残りわずか』なんて表示されとりますと私なんかはよく焦って電話をかけていたものです。笑

消費者に利点があるのはもちろんですが、これで店員さんも従来より効率よく仕事が出来るのではないでしょうか。在庫があるか調べないと分からないようなCDを何枚も電話予約されたら店員さんはたまったもんじゃないでしょうからねー、いや、あえて誰とは言いませんが。

電話だとどうしても時間がかかりますし、場合によってはお客さんも店員もかなり手間取りますしね(THE・経験談 笑)。


まさに一石二鳥。


*

ブログ、相変わらずの放置プレイですみません。来月こそは。うう。
あ、因みにツイッターでつぶやきだしてしまっております。ユーザーの方、ぜひともフォローさせて下さい。笑
  • 2010.07.22 Thursday
  • 00:55

ニュース

こ、これは

http://emirocks.com/m/?uid=01E9A9z93w0Q
なんと!EMIのフェスみたいだ!
これは私のためのフェスって解釈で良いですか!(よくない)
EMI信者としては激アツを通り越して爆発ですね(意味不明)。第一チケットが安すぎる。アーティストもすごい。もし私が埼玉県民だったらもはやブログでも話題にしたくないくらいだ。できるだけ隠しておきたいぞ。笑
元ヴィジュアル系好きとしてはこのメンツになぜ雅?って疑問は拭えないですがね。まあふつうにかましてきそうだけれど。笑


明日はハイエイタス@横浜ベイホールへ行って参る!整理番号よさそうなので失神しないよう気をつけよう!爆
  • 2010.07.02 Friday
  • 18:27

その他

ご無沙汰しております。


あまりに更新しないので、新企画考えました。

一言or短文レビュー。

一曲聴いて、それを一言で表す。

見て下さる方も疲れない、目に優しい企画です。笑


明日は9mmパラべラムバレットのライヴに行くので、とりあえずそこでシェイプアップしつつレポがかけるように頑張ります。新譜聴いてないけどな!はは!爆



マスコミ講座を受けているおかげで、今までよりはマシな文がかけそうな予感です。あくまで予感ですけど。
あなたの目で確かめてやって下さい。


それでは、近いうち更新できると…よいな。
  • 2010.06.23 Wednesday
  • 21:56

ニュース

あふりらんぽ、解散

PC推奨。⇒http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-nttr_docomo-jp&guid=on&output=xhtml1_0&wsc=tw&wsi=c6159d8205e1bf06&u=http%3A%2F%2Fro69.jp/news/detail/35893&ei=Uq0RTOG4O4mgsAKPi_TXDg

宇宙の子、聴こうと思っていたらこんなことに。。長寿バンドがどんどん消えていく…

インパクトを持ったバンドだから、一度目に焼き付けたかったなあ。

ゼロ世代の先駆け、元祖のような存在でした。ガールズバンドの概念をぶち壊す、ぶっ飛んだパフォーマンス、私は大好きでした。

お疲れさまでした。最後まで走りきってください。

今後にも期待。
  • 2010.06.11 Friday
  • 12:39

ニュース

渋谷からHMVが消える


渋谷から消えるというのが要点ですね。激戦区ですし。
昔は新星堂もあったようですが同じく閉店。

CDはそろそろ本当に厳しい時代に入ってきましたね。

一方で、昨今レコードが見直されてきているみたい。
私もレコードプレイヤーが欲しいなあとは思っています。

まあ、この世からなくなるまではCD買いつづけるのかもしれません。私は。
  • 2010.06.08 Tuesday
  • 17:06