Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.08.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

邦楽

岡村靖幸『This is my life』@zepp tokyo




マイペースマイペース
(岡村ちゃんの口調で)

ということでマイペースに更新しておりますこのブログですが、とうとう岡村ちゃんツアーがある半年に一度の更新になってきました…ええと、あの、その…… レッツゴー!


(注 以下ネタバレ・長いです)

母『登場するまでの焦らしの尺がツアーごとに長くなってきている』

いやー本当に焦らしプレイが長かったですねー!困っちゃいますね!笑
そしてダークな雰囲気のなかマイペースマイペース〜♪と歌われる謎の曲(聞いたことないよ!)。
あれとっても良かったですねー。
新曲になるんですかね?

カルアミルクは正直、何時もより声の調子は優れなかったと思いますがあんなにグッときて、込み上げるものがあって、泣きそうになったカルアミルクははじめてでした。

岡村ちゃんがはけて、チーム岡村ちゃんの面々が一通りソロ演奏を披露した後に流れたジングルみたいな曲がめちゃくちゃ良かったですね、音源化希望です。うん。めちゃくちゃ良かったです。うん(噛みしめる)

エレキギターを弾くのはなかなか珍しかった気がしますが気のせいでしょうか。でもやっぱりアコギにはかなわないなあと個人的には思います。エレキはエレキで良かったですが。

come babyのファンクver?は意外でしたがこれはこれで良い感じがしました。原曲アレンジからは考えられないでしょうけれども、もはや在日ファンクverでいけそうな感じさえありました。
ダークな感じが抜けましたね。笑笑

SUPER GIRLは『ダンスチャンスロマンスは自分たち次第ってことを肉体で表現したいと思います!はいっ!』という発言が忘れられないです。私も肉体で表現したい!

真夜中のサイクリングを聴いたのははスポーツツアー以来だったのでイントロ聴いた瞬間からテンション上がってしまいました。しっとり。

弾き語りについては、
前ツアーの人間ヒートテックに続き岡村ちゃんの弾き語りの方向性がどんどん分からなくなっていきますがこれはこれで面白いし最高なのでオッケーです←
自分をボランティアするだけで精一杯。がむしゃらですね。笑

automaticは生で聴けると思ってなかったんで嬉しかったです。なんであんなに面白くて個性的なアレンジになるのだろうか…普通の人間だったら原曲が染み付いていてあんなん思いつかないはず…。

白石さんMCでツボだったのはスウェット宣伝タイムの時に
『チャックの開け閉めがおざなりになっているみなさん、ぜひこの機会に』と仰っていたところですね。
さすがです。笑

lovin' youとdog daysの一部披露は全部披露してー!って思っちゃいましたがこれは贅沢な話だと思うので次ツアー以降に期待します。
ちぎれる夜とか、うちあわせとかやってくれただけで充分です。

友人のふりが無かったのは忘れていたのか無くしたのか分かりませんがちょっぴり寂しいですね。
あの、会場が一体となる感覚好きだったので。

こっからは個人的な感想。
今回はわたくし右奥一番後ろの柵から見ていたため、当然神様仏様岡村様のお顔はあまり拝見できず。
しかしながら、もう何度かDATEを重ねて慣れてきたのか知りませんが、見えなくても生歌が聞けて雰囲気を目で感じ取ってデンスできるスペースあれば満足だなあと思う自分が顔を出し始めましたね。
悟り開き始めた感じです。笑

ライブのお話はこれくらいにしまして笑、グッズのお話。



可愛いので飾りました。笑
今回はTOKYO BABY限定Tシャツ、新譜、新刊を買いました。あと母にトートバッグ買いました(母の日ギフト 笑)

限定Tシャツは聞いてみたところサイズがXSからLまで選べるみたいなのでこれから行かれる方はぜひご参考までにー。

以上、次回は半年以内に更新します←
  • 2015.05.24 Sunday
  • 06:50

-

スポンサーサイト

  • 2015.08.02 Sunday
  • 06:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback